わきが対策で、クリームを選ぶ理由は?

手術のデメリットを受け入れられないため

ワキガを根治する方法としては、手術をするのが一番確実ですが、いくつか問題があります。

 

  • 価格が高いものがある(高いと20〜30万円)
  • 手術後、日常生活に支障が出る場合がある
  • 再発する可能性がある
  • 失敗する可能性がある

 

手術方法にも色々ありますが、代表的なのが剪除法で、これは脇の下のアポクリン汗腺を医師が目視で取り除くものです。

 

この方法はネットで調べてみると分かりますが、結構、生々しい手術になります。こちらに形成外科へのサイトのリンクを張っておきますので、興味のある方はご覧ください。実際の写真なので閲覧は注意してください。

 

この手術法は健康保険が使えるため、比較的安いコストで実施できますが、手術後は安静が求められるので、体を動かす仕事をしている人など、長期休みでもない限りは受けるのが難しいという面があります。

 

その他、運が悪いと技術の足りない医師に当って副作用が生ずるかもしれませんし、色々と不安がつきません。そこで、手術以外の選択肢としてクリームを選ぶというのがあります。

 

制汗剤は効かないと感じるため

 

「制汗剤とわきがクリームの違い」のページでも説明しましたが、制汗剤は、わきがの強い臭いを抑えこむには十分な効果を発揮しません。

 

薬局で買える風邪薬が、医師に処方してもらう薬よりも効果が弱いのと似ています。万人が買う可能性があるので、強い効果のある成分は入れにくいのでしょう。

 

こうした理由で、第三の選択肢としてわきが対策専用に開発されたクリームを使う人がいるわけです。

 

 

わきが専用クリームは決して安くはないのですが、クリームが選ばれるのにはちゃんと理由があるのです。