制汗剤とワキガクリームはどこが違うのか

 

ここを読んでいるみなさんはきっと、一度は薬局などで市販されている制汗剤を試したことがあると思います。

 

そして、制汗剤の効果が十分でないと感じたからこそ、こうしてワキガ専用のクリームにたどり着いたのではないでしょうか。

 

一般的な制汗剤とワキガ専用クリームの一番の違いは「殺菌効果」であると私は考えています。

 

制汗剤は文字通り、「汗を抑える」ことが目的です。そのため、ワキガでない人も利用することが想定されています。

 

ワキガクリームには2大成分として殺菌成分が入っていますが、ワキガでなく、単に汗を抑えたいだけの人にはこの成分は不要です。

 

余計な成分が入っていればそれだけ価格も高くなって当たり前ですよね。

 

そうすると、マーケティング的な視点から考えれば、より多くのターゲットに対して訴求する製品である制汗剤は、ワキガクリームよりも高くなって当たり前であると言えます。

 

ワキガの臭いは、アポクリン腺や皮脂腺から出てくる分泌物を細菌が分解することで発生するので、ワキガ対策クリームには殺菌成分が欠かせないと言えます。

 

また逆に、制汗剤をいくらつけても、殺菌がなされないので臭いは減らないということも言えます。

 

制汗剤は効果の持続時間が短いという話がありますが、制汗剤は汗の出口をふさぐ「収れん効果」があるので、かえって長い時間、持続してしまうとあまり良くないということもあるでしょう。

 

ワキガ対策クリームは、強い効果が期待される製品なので、市販されている制汗剤よりもより多くの成分が含まれているというわけです。

 

 

ワキガクリームは制汗剤よりも強力な効果を発揮するよう設計されています!