わきがの臭いが発生する仕組み

 

わきがの臭いが発生する仕組みですが、右の図をまずはご覧ください。

 

脇の下にはアポクリン腺とエクリン腺という汗腺と、皮脂腺というものがあります。

 

このうち、臭いに関係するのはアポクリン腺と皮脂腺から出る分泌物(脂肪など)です。

 

これらの分泌物を、皮膚にいる常在菌が分解することで臭いが生じるわけです。

 

そのため、臭いをなくそうと思った場合、

 

  • 手術でアポクリン腺を取り除く
  • 汗の出口をふさぎ、分泌物を出なくする
  • 皮膚の常在菌をなくす(殺菌する)

 

こうしたアプローチが考えられるわけです。

 

手術でアポクリン腺を取り除く方法は剪除法(せんじょほう)と呼ばれるものがありますが、わきが対策でクリームが選ばれる理由のページでも解説したとおり、手術にはデメリットもあるので、選択肢として最初に考える人は少ないでしょう。

 

わきが対策専用に開発されたクリームは、主に汗の出口をふさぐ収れん作用と、細菌を殺菌する作用の2つを持っていることが多く、強い臭いに悩む人のニーズに応えられるものとなっています。

 

 

悩みを解決するためにはまず、原因を知ることから始めましょう。